未分類

未分類

エレキギターで弾ける!女性ボーカルのバンドで簡単な曲10選

女性ボーカルのバンドでエレキギターを弾くということもあると思います。女性ボーカルの曲は、当然ながら男性ボーカルと比べて、キーが高い曲が多いです。しかし、エレキギターの観点で見ると、男性ボーカルでも女性ボーカルでも、曲のジャンルや難易度は基本同じです。バンドやエレキギターの経験が少ないのであれば、できるだけ簡単な曲を選ぶことが大切です。そこで、今回は、ぼくがバンドで弾いたことがある女性ボーカルの曲をご紹介したいと思います!
未分類

【飽きっぽい人必見】エレキギターの練習を長く続けるためのコツ3選

エレキギターをやりたいと思って、いざ買ってみたけれど、気づいたら1週間触っていないなんてことあませんか?せっかくの買ったエレキギターがもったいないですよね。エレキギターは、毎日続けることで、どんどん上手くなる楽器です。途中で練習しなくなってしまうと、当たり前ですが、上達はしません。そこで、今回は、ぼくがエレキギターを飽きないように工夫したことをまとめてみました!
未分類

エレキギター高いやつはやっぱりいい音がする?

エレキギターの高いものに憧れますよね。高いやつだと、人の金銭感覚にもよりますが、30万〜50万くらいでしょうか。もっと高いと、100万円くらいになりますね。ぼくは、はじめは安いエレキギターから高いエレキギターに買い替えてみたことがあります。そこで、今回は、高いエレキギターを買い替えたときの経験をまとめてみました!
未分類

あなたはストラト派?それともレスポール派?【両方使ってみた経験を語ります】

王道のエレキギターのモデルといえば、ストラトキャスターとレスポールですよね。それぞれで違いはありますが、どちらも甲乙つけがたいモデルなのは確かです。ぼくは、エレキギターをはじめたときは、完全にレスポール派でした。でも、ストラトキャスターを借りて練習したりすることもあり、「ストラトもけっこういいな」と感じたことがありました。そこで、今回は、ぼくが今まで使ったストラトキャスターやレスポールの経験を元に、まとめていきたいと思います!
未分類

【JC120の音作り】メタルサウンドを出すにはエフェクターが必須!

JC120の音作りで、メタルサウンドを出したいと思ったことはありませんか?結論からすると、JC120は歪ませることができないアンプなので、歪み系エフェクターが必要になってきます。ぼくは、JC120を使っていたときに、メタルっぽいサウンドを求められたことがあります。当時は、JC120のことを知らず、なんとかアンプのセッティングで音作りをしようとしましたが、限界でした。そこで、今回は、ぼくの経験からJC120のメタルサウンドの音作りについてまとめてみました!
未分類

【初心者向け】エレキギターが簡単に弾ける練習曲の特徴4選!

エレキギターをはじめたばかりの頃に、一曲を通して弾くことはハードルが高いですよね。さらに、選んだ曲にギターソロあったら「絶対ムリ!」という感情が湧いてくるでしょう。ぼくも、はじめて曲を弾こうとしたときは、できるだけ簡単な曲を探していました。そこで、今回は、ぼくの経験からエレキギターが簡単に弾ける練習曲の特徴をご紹介いたします!
未分類

【エレキギター】バッキングの音作りの方法はクランチサウンドがおすすめ!

バッキングは、バンドなどコード中心の伴奏を弾くことを言います。そのため、コードを弾きやすい音作りをする必要が出てきます。コードはいくつもの音が重なっているので、クランチサウンドがおすすめです。といっても、経験がない人はどうしたらいいかわからないですよね。そこで、今回は、ぼくの経験からバッキングの音作りのコツをご紹介いたします!
未分類

エレキギターの弦交換・一本だけ張り替えたい時はどうする?

エレキギターを弾いていて、1本だけ弦が切れてしまったことはありませんか?ぼくは、バンド練習のときに、1弦が切れて困ったことがあります。家に帰って、弦を張り替えようとしたとき、ふと「全部弦を張り替えないといけないのだろうか」と気づいたことがあります。そこで、ぼくの経験から1本だけ弦を張り替えたいときの対処法をお教えします!
未分類

エレキギターが挫折しそうになる前に試したいこと3選

エレキギターをはじめてみたけれど、思ったより難しくて挫折しそうなんて思ったことはありませんか?ぼくも、高校生のときに、エレキギターに憧れてはじめてみたものの、挫折してしまったことがあります。エレキギターは、弾き方はもちろんのこと、アンプのセッティングや弦交換のメンテナンス、タブ譜を読み込んだりと、案外にやることが多いです。最初は、エレキギターの弾き方や使い方を覚えるのに苦労することでしょう。そこで、今回は、ぼくの経験をもとにエレキギターが挫折しそうになったときに試したことをまとめてみました!
未分類

【エレキギター】coolzのレスポールを使ってみた感想【7年愛用】

coolz(クールジー)といえば、島村楽器から発売されているオリジナルブランドのエレキギターです。coolzは、フジゲン製と言われており、ハイクオリティーな印象を受けますね。ぼくは、当時、coolzのことをよく知らずに、見た目のレスポールが好みだったので購入しましたが、悪くないギターだと思っています。2008年くらいに購入しましたが、気づいたら、約7年間くらいcoolzを使っていました。そこで、今回は、coolzのレスポールが気になる人に向けて、良かった点と悪かった点を解説していきます。