エレキギターに使われるケーブルはどんな長さがいいの?【シールド3mとパッチケーブル15cm】

エレキギターに使われるケーブルはどんな長さがいいの? エレキギター

こんにちは!

フルドラくん(@fulldora_kun)です。

今回は、

「エレキギターに使うケーブルの長さを知りたい」

といった疑問にお答えしていきます。

シローくん
シローくん

エレキギターのケーブルって、どんな長さがいいの?

フルドラくん
フルドラくん

使うところによってベストな長さが違うよ。

エレキギターに使われるケーブルはどんな長さがいいの?

エレキギターで、意外にわからないのが、ケーブルの長さだったりします。

まず、ケーブルにはそれぞれで名称があるので、覚えておきましょう。

エレキギターやアンプにつなぐケーブルを「シールド」と呼びます。

エフェクターとエフェクターの間につなぐケーブルを「パッチケーブル」と呼びます。

ぼくは、エレキギターをはじめたころは、アンプにつなぐシールドに50cmや1mと短いものを買って使っていました。

リハーサルスタジオやバンドで使うにあたって、短いシールドは使いにくいことが多かったです。

今回は、ぼくの経験からシールドやパッチケーブルのベストな長さをお教えします。

シールドは何mがいいの?

まず、エレキギターやアンプをつなぐ間のシールドは、3mが使いやすいです。

自宅練習などのミニアンプでは、1mのシールドでもいい場合がありますが、リハーサルスタジオにでも練習することを想定すると、3mはほしいところです。

理由として、エレキギターとアンプ(もしくはエフェクター)の距離が近いと、自分の立ち位置が限定されてしまうからです。

そして、シールドが短いと、動いたときにエフェクターやアンプから抜けやすくなります。

アンプに電源が入っている状態で、シールドが抜けると、アンプからノイズが出てしまうので注意したいところです。

自宅練習では、あまり動かないので問題はありませんが、リハーサルスタジオでは部屋の広さがあり、シールドが抜ける確率が高くなります。

なので、エレギターとアンプに使うシールドは、3mをおすすめしておきます。

created by Rinker
CANARE
¥2,478 (2024/03/01 00:01:12時点 Amazon調べ-詳細)

また、5m以上のシールドでもいいですが、ケーブルの長さが増えるぶん、持ち運びが大変になってきます。

パッチケーブルは何cmがいいの?

冒頭にも書きましたが、エフェクターとエフェクターの間につなぐケーブルを、パッチケーブルと呼びます。

パッチケーブルは、一般的には、15cmの長さがおすすめです。

パッチケーブル15cmの画像です

15cmの長さの理由としては、エフェクター間のパッチケーブルが長いと、エフェクター間を詰めた場合、余分なスペースができてしまいます。

パッチケーブル15cmと30cを比較したイラスト図です

また、エフェクターボードの構成によっては、30cmのパッチケーブルを使ったほうがいい場合もあります。

パッチケーブルの長さは、エフェクターボードのレイアウトのシュミレーションをするなど、計算してから購入するようにしましょう。

まとめ

今回は、エレキギターに使われるケーブル(シールド・パッチケーブル)について解説いたしました!

シールド・パッチケーブルの長さを一連の流れでみると、下記のような図になります。(※エフェクターを2個使った場合)

エレキギターとアンプのシールドとパッチケーブルの長さを表した一連の長さのイラスト図です

シールドは3m、パッチケーブルは15cmを基本として、エフェクターボードで使う場合は、エフェクターの配置に合った長さを選ぶようにしましょう。

以上、ご参考になれば嬉しいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました