エレキギター初心者にとって必要最低限なものとは?【7つあればOK】

エレキギター初心者にとって必要最低限なものとは? エレキギター

こんにちは!

フルドラくんです。

今回は、

「エレキギター初心者の人にとって必要なものを教えてほしい」

「エレキギターをはじめたときに必要になるものを知っておきたい」

といった悩みにお答えしていきます。

シローくん
シローくん

エレキギターをはじめたいけど、何があればいいかな?

フルドラくん
フルドラくん

エレキギターをはじめるには7つ揃える必要があるよ。

エレキギター初心者に必要なものとは?

エレキギターをはじめようと思っているが、何が必要がわからないことありますよね。

ぼくも、エレキギターをはじめたときは、どんなものを揃えていいか全くわかりませんでした。

重要なことは、エレキギターだけでは、音が出すことができません。

さらに、メンテナンス用品やシールドやアンプとった周辺の機器も必要になってきます。

そこで、ぼくの経験をもとに、エレキギター初心者に必要なものをまとめてみました。

エレキギター

エレキギターの画像です

エレキギターをはじめるには、エレキギターを買うことからスタートします。

エレキギターには、いろんなモデルがありますが、はじめは、「ストラトキャスター」や「レスポール」といった定番モデルを選ぶといいです。

エレキギター価格はピンキリですが、1万円〜3万円台の安いギターで十分です。

ギタースタンド

ギタースタンドの画像です

ギタースタンドも用意しておきましょう。

エレキギターは、壁に立て替えておくこともできますが、万が一、倒れてしまいギターがへこんだり傷ついたりしてしまいます。

傷がつくとショックなので、しっかり支えられるものを選びたいですね。

アンプ

ミニアンプの画像です

エレキギターは、アンプがないと音を出すことができません。

なぜならば、エレキギターという楽器は、ギターに搭載されているピックアップに弦の振動が伝わり、シールドを通して、アンプから音が出る仕組みだからです。

ただ、それでもアンプに繋げなくても、エレキギターを弾けば音が鳴ります。

曲を覚えるときや基礎練習するときは、アンプなしで弾くときもありますが、エレキギターはアンプとセットであると覚えておきましょう。

はじめは、自宅で練習をすることになりますので、5W〜15Wくらいの小さなアンプで十分です。(15Wでも大きすぎるくらいです)

あまり大きなアンプを買ってしまうと、大音量で近所迷惑になったりしますので、注意しましょう。

シールド

シールドの画像です

エレキギターとアンプはセットとお伝えしましたが、もうひとつセットにしておきたいアイテムがあります。

それは、シールドです。

エレキギターとアンプをつなぐ、コードみたいなものと考えておけばいいです。

シールドがないと、エレキギターからの信号(音)がアンプに伝わりません。

シールドはアンプと必ず同じタイミングで購入しておきましょう。

シールドには、長さがいろいろありますが、3mのもの1本あれば十分でしょう。

また、シールドには、プラグの形状がありますが、はじめは、ストレート型(S)タイプがおすすめです。

L型のタイプでもいいですが、エレキギターやアンプに差し込むときに、入れにくい場合もありますので、注意が必要です。

チューナー

クリップチューナーの画像です

エレキギターは、チューニングが狂いやすい楽器です。

チューニングは、どんなに解決しようとしても、解決できないエレキギターの宿命といっても過言ではありません。

エレキギターのチューニングは、温度の変化に敏感です。

夏場の暑いときや冬の寒いときなど、室内から外に出るだけでも、チューニングが変わってしまいます。

そのため、エレキギターには、チューニングが必ず必要です。

チューナーといっても、色んなモデルがあります。

エレキギターとシールドをつなぐ独立したタイプやエフェクターのようなフロアタイプなどさまざまです。

チューニングには、クリップチューナーがおすすめです。

クリップチューナーは、エレキギターの弦の振動をひろって、チューニングするモデルです。

エレキギターのヘッド(先)に、クリップチューナーをつけて使います。

クリップチューナーは、名の通りつけるだけなので、1つは用意しておきたいですね。

ピック

ピックの画像です

エレキギターは、クラシックギターやアコースティックギターと違い、ピックで弾きます。

弦が金属なので、爪や手でそのまま弾いてしまうと、けっこう痛いです。

はじめての人は、必ずピックを使いましょう。

また、ピックにもいろんな種類があり、形状や材質、厚みなどさまざまです。

はじめての人には、ティアドロップ型をおすすめします。

ピックの厚みも、1mmくらいとミディアムの硬さがいいと思います。

そこから、自分で使いやすい厚みや形を試していくといいでしょう。

エレキギターの教本

エレキギターに必要なものを揃えたからといって、いきなり弾けるようにはなりません。

そこで、初心者向けのエレキギターの教本を1冊買いましょう。

初心者向けの教本であれば、エレキギターの基礎が書かれていますので、どんなものでも構わないと思います。

ただし、エレキギターの教本は、難しそうな内容の教本は避けた方が無難です。

ハードルが高すぎて、挫折しても本末転倒だからです。

はじめは、簡単でやさしい、ハードルが低い内容からスタートしましょう。

まとめ

エレキギター初心者にとって必要最低限なものについて、解説しました。

エレキギターをはじめる人にとっては、以下のものがあれば、始めることができます。

・エレキギター

・ギタースタンド

・アンプ(5W〜15W)

・シールド(3m)

・クリップチューナー

・ピック(ティアドロップ型)

・エレキギターの教本

ひとつひとつ選んで購入してもいいですが、手間がかかる場合は、エレキギターの初心者セットを買えば、一通りついてきます。

余程、こだわりがなければ、はじめは初心者セットがおすすめです。

以上、ご参考になれば幸いです。

読んで頂きありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました