ライブでエフェクターボードはどこに置いたらいいの?

ライブでエフェクターボードはどこに置いたらいいの? エフェクターボード

こんにちは!

フルドラくん(@fulldora_kun)です。

今回は、

「ライブでのエフェクターボードの位置が決まらない」

「エフェクターボードが演奏のときに不安になる」

といった悩みについてお答えしていきます。

シローくん
シローくん

エフェクターボードはどこに置いたらいいのかな。

フルドラくん
フルドラくん

自分が気持ちよくギターを弾ける場所におこう。

ライブでエフェクターボードはどこに置いたらいいの?

ライブやバンド練習で、エフェクターボードを置く位置について迷ったことはありませんか?

エフェクターボードをセットしたときに、踏みにくいと演奏に影響が出てしまいます。

ぼくも、何度かライブをしていて、エフェクターボードの位置が定まらなくて、演奏を失敗したことがあります。

そこで、今回は、ぼくの経験からエフェクターボードを置く位置についてまとめてみました。

利き足をどう使っているかを知っておく

人間、利き手と同じく、利き足があるものです。

エフェクターボードについても同じ考えで、エフェクターを踏みやすい足があるはずです。

しかし、ライブなどでは、エフェクターを踏む瞬間は、その時のシチュエーションによってかなり変わってくると思っています。

ぼくの場合は、右足が利き足ですが、ライブではその足でリズムをとっていることが多いです。

なので、右足でエフェクターは踏みにいくときは、リズムを取ることができなくなってしまいます。

それでも、リズムに合わせて右足で踏むことをしたり、タイミングが合わない場合は、反対の左足でサッと踏むこともあります。

リズムを取り方は、人それぞれですが、頭や首の後で取る人もいるので、その場合は、足はフリーになりますね。

また、小さいエフェクターボードは、目の前に置いてもどちらの足でも踏める範囲ですが、大きなエフェクターボードになると利き足でない場所が踏みにくくなってきます。

エフェクター ボードのイラスト図の画図です

利き足でない反対側のエフェクターまで、利き足で踏もうとすると、足が交差して踏みにくいです。

そのときに、演奏しているリズムを崩しやすいので要注意ですね。

そいった観点からも、エフェクターボードは目の前に、両足が届く範囲に置いておきたいです。

エフェクターの構成も、大きすぎる場合は、スイッチャーを導入して踏みやすいように工夫しておきましょう。

エフェクターボードを置く距離は、人によって身長や足の長さ、エフェクターを踏むときのクセがあるので具体的には言えませんが、近すぎず、遠すぎずがベストです。

エフェクターを斜めに配置する

少し余談ですが、プロのギタリストのエフェクターボードやエフェクターの位置を見ると、斜めに置いている場合を見たかけたりします。

エフェクター ボードのイラスト図の画図です

エレキギターを弾いていると、自然と足が外側に向いていることが多いです。

ぼくは、斜めにエフェクターを置いた試しはないのですが、人によっては、踏みやすい位置なのかもしれません。

また、エフェクターを斜めに置く場合は、大きなエフェクターボードを使う必要があります。

エフェクターボードを使わない場合は、床にエフェクターだけ斜めに置いて試してもいいと思います。

ギターソロなどでライブステージ前に出る場合

ギターソロの演奏中に、パフォーマンスとして、ライブステージの前に出ることがあります。

その場合は、目の前にエフェクターボードを置いてしまうと、前に出にくくなります。

そういった場合は、ステージに出る方向の反対側に、エフェクターボードを置いておくことをおすすめします。

道を開けておくことで、ギターソロのときにスムーズに動くことができます。

また、シールドがエフェクターに引っかかってしまうこともありますので、普段よりもエフェクターボードの距離を少し開けておいたほうが安全です。

エフェクターボードが2つある場合

エフェクターをたくさん使う場合は、エフェクターボードを2つに分ける方法もあります。

そういった場合は、ハの字に置いたほうがいいと思います。

エフェクター ボードのイラスト図の画図です

当然、利き足ではない側のエフェクターボードを踏むことになりますが、無理して利き足で全部操作するよりかは、だいぶマシです。

利き足ではない足でエフェクターを踏む場合は、フットスイッチが踏みやすいモデルかするか、フットスイッチハットをつけて、踏む面積を大きくしておきたいですね。

踏みにくい場所は、工夫をして踏みやすくしましょう。

まとめ

今回は、ライブでのエフェクターボード位置について解説いたしました!

ライブにおいての、エフェクターボードの位置はとても重要です。

自分が演奏しやすい位置を見つけれるといいですね。

以上、ご参考になれば嬉しいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました