【JC120の音作り】メタルサウンドを出すにはエフェクターが必須!

メタルサウンドを出すにはエフェクターが必須! エフェクター

こんにちは!

フルドラくん(@fulldora_kun)です。

今回は、

「JC120でメタルサウンドを出したい」

「JC120でメタルを弾くときの音作りを知りたい」

といった疑問や悩みについてお答えしていきます。

シローくん
シローくん

JC120でメタルサウンドが出せない、、なぜだ。

フルドラくん
フルドラくん

メタルサウンドを出すには、ハイゲインディストーションを使う必要があるよ!

【JC120の音作り】メタルサウンドを出すにはエフェクターが必須!

JC120の音作りで、メタルサウンドを出したいと思ったことはありませんか?

結論からすると、JC120は歪ませることができないアンプなので、歪み系エフェクターが必要になってきます。

ぼくは、JC120を使っていたときに、メタルっぽいサウンドを求められたことがあります。

当時は、JC120のことを知らず、なんとかアンプのセッティングで音作りをしようとしましたが、限界でした。

そこで、今回は、ぼくの経験からJC120のメタルサウンドの音作りについてまとめてみました!

JC120ではメタルサウンドは絶対出せない

先述した通り、JC120単体では、激歪のメタルサウンドを作ることができません。

JC120はあくまで、クリーンアンプなので、どれだけセッティングしても、ハイゲインサウンドにはなりません。

JC120には、DISTORTIONというツマミがついてはいるものの、MAXにしたとしても、せめてクランチサウンドくらいです。

また、そのクランチサウンドは使えるのかというと、JC120特有の音が割れるドライブサウンドになってしまいます。

そのため、JC120で歪ませることは、あきらめたほうが賢明でしょう。

メタルサウンドが出せるエフェクター使う

JC120で、メタルサウンドの音作りをするには、歪み系エフェクターを使う必要があります。

歪み系エフェクターには、いくつかのモデルがありますが、その中でもハイゲインディストーションを使いましょう。

ハイゲインディストーションは、通常のディストーションと比べると、GAIN量が多いことが特徴です。

また、サウンドの特性として、ドンシャリ(高域と低域)なため、強烈なサウンドになりやすいです。

おすすめのハイゲインディストーション・モデル

では、どんなハイゲインディストーションを使えばいいのでしょうか。

ここでは、ぼくが、実際にJC120でメタルサウンド作ったときのハイゲインディストーション・モデルをご紹介いたします!

BOSS MT-2

BOSS MT-2(メタルゾーン)です。

created by Rinker
BOSS
¥13,200 (2024/02/24 20:32:53時点 Amazon調べ-詳細)

ハイゲインディストーションと言えば、このモデルをイメージする人も多いのではないでしょうか。

BOSS MT-2は、コンパクトエフェクターですが、多彩なイコライザーが付いています。

そのため、細かな音作りをしたい人には向いていると思います。

BOSS ML-2

BOSS ML-2(メタルコア)です。

created by Rinker
BOSS
¥14,300 (2024/02/24 19:56:57時点 Amazon調べ-詳細)

ハイゲインディストーションは、GAINが多いため、多少ノイズは出てしまうものです。

しかし、BOSS ML-2は、ノイズレスでコードの分離感が素晴らしいモデルです。

BOSS MT-2と比べると、音作りの幅が狭いですが、メタルサウンドで使う場合は、バッチリ合うと思います。

MOOER Micro PreAMP 001

MOOER Micro PreAMP 001です。

created by Rinker
MOOER
¥14,300 (2024/02/24 20:32:54時点 Amazon調べ-詳細)

このモデルは、Diezel Hagenタイプのプリアンプペダルになります。

モダンハイゲインアンプの代表格であるHagenの重心が低くサウンドが特徴的です。

かなり尖ったような攻撃的なサウンドなので、メタルサウンドには使えるモデルだと思います。

また、ミニサイズのエフェクターなので、持ち運びにいいですね。

メタルサウンドの音作りの注意点

メタルサウンドの音作りの注意点は、歪ませすぎには気をつけたいところです。

ハイゲインディストーションは、元々、歪みが強いモデルなので、GAINをMAXにしなくとも、それなりに歪んでくれます。

選ぶモデルにもよりますが、あまり歪ませすぎると、ハウリングしたりノイズが多くなったりします。

バンドで使う場合は、歪み量が多すぎて、音が埋もれないようにバランスが良い音作りを心がけたいですね。

まとめ

今回は、JC120の音作りで、メタルサウンドを出す方法についてまとめてみました!

ハイゲインディストーションを使わなければ、メタルサウンドを出すことは難しいです。

適切なエフェクターを使って、音作りをしていきましょう。

以上、ご参考になったら嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました