ギターソロに使いたいエフェクターとは?

ギターソロに使いたいエフェクターとは? エフェクター

こんにちは!

フルドラくんです。

今回は、

「ギターソロで使えるエフェクターを知りたい」

「ギターソロの音作りに便利なエフェクターを教えてほしい」

といった疑問や悩みにお答えしていきます。

シローくん
シローくん

ギターソロを上手く弾ける気がしない、、。

フルドラくん
フルドラくん

ギターソロを弾くときエフェクターの力を借りよう!

ギターソロに使いたいエフェクターとは?

エレキギターの演奏のなかでも、見せ場と言われるギターソロ。

速弾きやテクニカルなギターソロに憧れますよね。

しかし、ギターソロは、難易度が高いパートになります。

時には、エフェクターの力を使って、弾ききることも出てくると思います。

今回は、ぼくの経験をもとに、ギターソロで使えるエフェクターをご紹介いたします。

チューブスクリーマー/TS系オーバードライブ

まず、一つ目は、チューブスクリーマー/TS系オーバードライブです。

Ibanez TS9の画増です

チューブスクリーマーは、Ibanez TS9といったモデルが有名ですね。

チューブスクリーマーは、ミドル(中域)が出るオーバードライブで、ウォームで粘り感があるサウンド特徴です。

TS系オーバードライブは、そのチューブスクリーマーの性質と似たオーバードライブを言います。

チューブスクリーマーやTS系オーバードライブを、ギターソロのときに使うことで、音抜けが良くなり、ギターが弾きやすくなります。

特に、速いフレーズ弾く場合やロングトーンがある場合に、とても有効です。

歪ませたアンプやディストーションだけでは、ギターソロが弾きにくいこともあり、ミスが多くなることもあります。

ギターソロがうまく弾けない場合は、サポートの役割として、チューブスクリーマーやTS系オーバードライブを使ってみましょう。

クリーンブースター

2つ目は、クリーンブースターです。

クリーンブースターの画像です

クリーンブースターは、いろいろなモデルが登場していますが、ギターソロに使う場合は、一時的に音量を上げるためのエフェクターを指します。

せっかくの見せ場であるギターソロの音量が小さいと盛り上がりにかけますよね。

そういったときに、クリーンブースターを使って、少しだけ音量を上げます。

そうすることで、一段と抜けたギターソロになります。

ファズ

3つ目は、ファズです。

ファズの画像です

ギターソロには意外かもしれませんが、ファズを使うという方法もあります。

本来、エレキギタのクリーンサウンドは、ペラペラのことが多いです。

その音が細いサウンドでは、ギターソロを魅せることは難しいでしょう。

そういった場合に、歪みが強く音に伸びがあるファズを踏むことで、強烈なギターソロにすることもできます。

ファズにもいろんな種類がありますが、どちらかと言えば、ディストーションに近いファズが使いやすいです。

ファズは、他の歪み系エフェクターとの組み合わせも考える必要がありますが、単体で使うとスムーズです。

ワウペダル

4つ目は、ワウペダルです。

ワウペダルとオートワウの画像です

ワウペダルは、使わないこともありますが、トリッキーなギターソロではあったりします。

足でワウワウと踏み込む必要があるので、ギターソロをしながらは、かなり難易度が高くなります。

ワウは、ギターサウンドにスパイスを入れるような感覚に近いので、必要に応じて使うようにしましょう。

ワウペダルを使うことが難しい場合は、オートワウを代用してもいいかもしれません。

ディレイ

5つ目は、ディレイです。

BOSS DD-7の画像です

ディレイは、好みによるかもしれませんが、ディレイをかけることで、奥行き感があるサウンドになります。

ギターソロを、よりブラッシュアップする意味で使うといいです。

ディレイ効果で、音の伸びも上がりますので、歪み系エフェクター+ディレイといった組み合わせがおすすめです。

まとめ

今回は、ギターソロに使いたいエフェクターについて解説しました。

ギターソロに使えるエフェクターを、以下にまとめました。

・チューブスクリーマー/TS系オーバードライブ

・クリーンブースター

・ファズ

・ワウペダル

・ディレイ

以上、ご参考になれば幸いです。

読んで頂きありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました