エフェクターとエレキギターのつなぎ方とは?【手順あり】

エフェクターとエレキギターのつなぎ方とは? エフェクター

こんにちは!

フルドラくんです。

今回は、

「エフェクターとエレキギターのつなぎ方がわからない」

といった悩みにお答えしていきます。

シローくん
シローくん

エフェクターをつないで音を出したいな。

フルドラくん
フルドラくん

シールドを用意する必要があるよ!

エフェクターとエレキギターのつなぎ方とは?

エフェクターをはじめて使う人には、エレキギターとのつなぎ方に迷うと思います。

慣れてしまえば簡単ですが、仕組みがわからないと、上手くいかないこともでてきます。

それでは、早速、手順を解説していきます。

まずシールドをしよう

エフェクターとエレキギターをつなぐには、シールドが必要になってきます。

シールドの画像です

シールドは、弾いている途中に動くことも考えて、3mの長さがあれば十分でしょう。

また、シールドの形状は、両方ともS(ストレート)型を選びましょう。

ストレート型ブラグのシールドの画像です

エフェクターとエレキギターをつなぐ

エレキギターのジャックにシールドを挿します。

エレキギターにシールドを挿した画像です

そして、エフェクターのインプット(INPUT)ジャックに、反対側のシールドを挿します。

エフェクターのINPUTジャックにシールドを挿した画像です

ここで、アウトプット(OUT)ジャックに、シールドを挿してしまうと、音が出なくなりますので、注意が必要です。

音を出すにはアンプが必要

エレキギターからエフェクターのインプットジャックにシールドを挿しましたが、これだけでは音がでません。

エフェクターを通して、音出すには、アンプが必要です。

なので、自宅用にミニアンプを用意しましょう。

ミニアンプの画像です

ミニアンプは、5W〜15Wくらいのもので十分です。

エフェクターからアンプをつなぐ

アンプを用意したら、もう一本同じシールドが必要になります。

シールドの画像です

エレキギターとエフェクターをつないだように、シールドをアンプとエフェクターにつないでいきます。

まず、エフェクターのアウトプット(OUTPUT)ジャックに、シールドを挿します。

エフェクターのOUTPUTジャックにシールドを挿した画像です

そして、反対側のシールドを、アンプのインプット(INPUT)ジャックに挿して完了です。

ミニアンプのINPUTジャックの画像です

これで、以下のような構成になりました。

エフェクターとエレキギターをつないだイラストの画像です

エフェクターの電源を忘れずに

エレキギター→エフェクター→アンプとつなぐことができましたが、エフェクターに電源がないと動きません。

そこで、エフェクター用の電池やACアダプターを忘れずに用意しておきましょう。

エフェクター用の電池やACアダプターの画像です

はじめての人には、電池で使う方法が簡単だと思います。

消耗品ですので、買うのが大変になったら、ACアダプターに切り替えましょう。

まとめ

今回は、エフェクターとエレキギターのつなぎ方について解説しました。

エフェクターとエレキギターをつなぐには、その他の機材が必要です。

・シールド×2本(3m・ストレートタイプ)

・ミニアンプ(5W〜15W程度)

・エフェクター用の電池(ACアダプターでも可)

以上、ご参考になれば幸いです。

読んで頂きありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました