ライブでギターエフェクターなしは強者の証?

こんにちは!

フルドラくんです。

今回は、

「ライブでギターエフェクターなしでもいいの?」

「ライブでギターエフェクターなしで行くのは無謀?」

といった悩みにお答えしていきます。

シローくん
シローくん

ライブでギターエフェクターって必要なの?

フルドラくん
フルドラくん

闇雲に持っていく必要はないけど、あったほうが便利だね。

ライブでギターエフェクターなしは強者の証?

ライブにおいて、ギターエフェクターを持っていかない=つまりアンプとエレキギターのみで弾くということになります。

でも、これって相当なギターの技術とアンプの特徴や性能を理解していないとできないことです。

曲によっては、どうしてもディストーションなどの歪みエフェクターやディレイも必要になってきます。

求められるエフェクトを抜きして、曲を完結することができるのは、エレキギターの強者といっていいでしょう。

フルドラくん
フルドラくん

エレキギター一本で弾けたらすごい、、、!

基本的にライブではエフェクターはあったほうがいい

筆者は、エレキギターとアンプだけで、曲を弾き切ることは難しいと考えています。

ライブで使えるアンプが、JC-120(ジャズコーラス)の場合は、アンプで歪ませることができません。

JC-120

そういったときに、歪みエフェクターがないと演奏できなかったりします。

なので、大きなエフェクターボードをつくる必要はありませんが、必要最低限のエフェクターは用意しておきたいところです。

フルドラくん
フルドラくん

ジャスコ(JC-120)では歪みエフェクターないと厳しい、、、

マーシャルアンプがある場合は歪みエフェクターなしでもいい

基本的にエフェクターはあったほうがいいですが、ライブ会場にマーシャルアンプがある場合は、歪みエフェクターはなくてもいいこともあります。

マーシャルアンプは、真空管アンプなので、アンプ自体で歪ませることができます。

Marshall JCM900

また、マーシャルアンプのモデルにもよりますが、大型アンプにはフットスイッチが使えるものもあります。

マーシャルフットスイッチの画像です

アンプ用のフットスイッチで、クリーンチャンネルとリードチャンネルを切り替えて、歪みとクリーンとサウンドを使い分けることもできます。

もし、歪みだけで弾ける曲であれば、エフェクターがなしでもいけるということです。

フルドラくん
フルドラくん

マーシャルの歪みを使えると楽だね。

エレキギターのボリュームコントロールを駆使する

マーシャルアンプなどの歪ませることができるアンプを使えば、歪みのコントロールが、ある程度調整することができます。

エレキギターのボリュームコントロールの画像です

エレキギターのボリュームコントロールをMAX(フル10)を、ディストーションレベルのサウンドにセッティングにしたとすれば、ボリュームコントールを3〜4に絞ると、クランチサウンドを出すことができます。

これにより、バッキングやアルペジオとパワーコードやリードソロまで、エレキギターだけで完結できます。

エレキギター初心者はエフェクターはいらない

ライブでは、ギターエフェクターがあったほうがいいとお伝えしましたが、例外として、エレキギターの初心者の人はなくてもいいことが多いです。

理由として、

・そもそもエフェクターを踏んでいる余裕がない

・バッキングやパワーコードといった比較的簡単なパートを弾くことが多い

といった理由からです。

エフェクターは、操作や音作りといった作業があるため、あまり初心者の方には負担になることもあるでしょう。

エフェクターは、必要なときに使うスタンスでいいと思います。

フルドラくん
フルドラくん

エフェクターよりも練習の方が大事。

今回のまとめ

ライブ演奏において、アンプやエレキギターを駆使して、曲を弾き切る自信があれば、ギターエフェクターなしでもいいでしょう。

しかし、まだアンプでの音作りになれない人は、エフェクターを使ってライブに挑んだほうがいいと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

読んで頂きありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました