コピーバンドのリハーサルまでに最短でエレキギターを練習する方法【丸暗記するしかない】

コピーバンドのリハーサルまでに最短でエレキギターを練習する方法 バンドあるある

こんにちは!

フルドラくんです。

今回は、

「コピーバンドのリハーサルまで時間がない」

「コピーする曲を最短で覚えるにはどうしたらいいか?」

といった悩みや疑問にお答えしていきます。

シローくん
シローくん

ヤバい、リハーサルまで全然時間がない、、、!

フルドラくん
フルドラくん

もう何がなんでも覚えるしかない。

コピーバンドのリハーサルまでに最短で練習する方法

コピーバンドのリハーサルまでに時間がないときに困ったことはありませんか?

リハーサルでは、音合わせをするので、曲を全部覚えていないといけないことが多いです。

曲のパートを覚えきれず、弾けなかったらものすごいピンチですよね。

ぼくも、コピーバンドで本番2週間前に、エレキギターを弾いてほしいと頼まれて焦ったことがありました。

プロならまだしも、アマチュアギタリストには、かなりタイトな練習期間だと思います。

今回は、そんな経験をもとに最短で練習する方法をご紹介します。

動画で誰かが弾いているのを完コピする

コピーバンドの曲を最短で覚えるには、誰かが弾いているのを真似ることが最短です。

近年では、ありがたいことに、YouTubeでエレキギターの演奏動画をアップしてくれている方々がいます。

コピーバンドですので、メジャーな曲なほど、YouTubeで探せばあることが多いです。

そして、その曲を弾いている動画を見ながら、押さえる指を覚えます。

本来ならば、曲のコード進行やどんなパートがあるのか、曲の構成を確認してから練習していきますが、その作業をすっ飛ばした練習方法になります。

いわゆる、明日テストで一夜漬けで丸暗記する方法です。

最短でコピーバンの曲を覚えるには、コレしかありません。

曲が難しすぎてとても覚えきれない場合

それでも、エレキギターの技術面が追いつかず、覚えきれないこともあります。

そういったときは、難しい部分だけを簡単にする方法があります。

曲は、コードで構成されていますので、その小節のコードさえ外さなければなんとかなることが多いです。

曲の雰囲気は、損なわれるかもしれませんが、弾けないよりはマシです。

コードのルートや省略コードを使って、上手く弾きましょう。

テクニカルなギターソロがある場合

さらに、曲にテクニカルなギターソロがある場合もあります。

そういった場合も、弾いている人の動画をスロー再生して、どんな風に押さえて弾いているかを覚えることが最短です。

しかし、それでも弾けない場合は、諦めが肝心なときもあります。

ギターソロが難しい場合は、ペンタトニックスケールを使って、簡単にアドリブをしましょう。

曲のキーさえ合っていれば、なんとかなるかもしれません。

そして、ギターソロの部分だけ、ボーカルに声で盛り上げてもらって、カバーしてもらうなどの工夫をしてもいいでしょう。

耳コピができる人は、それだけでかなりの最速で曲を覚えてしまうのではないでしょうか。

まとめ

コピーバンドのリハーサルまでに最短で練習する方法について解説しました。

耳コピができず、リハーサルまでに時間がない場合は、誰かがYouTubeで弾いているのを丸暗記しましょう。

そしても何よりも、無理なスケジュールで引き受けないことも大切です。

できないことは約束しない。

以上、ご参考になれば幸いです。

読んで頂きありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました