未分類

【エレキギター】イコライザーをレベルブースターとして使う方法とは?

イコライザーで音量を上げて、レベルブースターとして使いたい場合は、とても簡単です。歪み系エフェクターの後段につなげばいいだけです。エフェクターは、後段につないだエフェクターが優先されます。なので、後段につないだイコライザーのLEVELを上げてONにするば、ブーストすることができます。具体的な例を見て行きましょう!
未分類

【実戦済み】バンドで使えるエフェクターおすすめの組み合わせ3選!

自宅練習で使えるエフェクターとバンドで使えるエフェクターは違うと思います。ぼくは、バンドでよくエレキギターを担当していますが、バンドにはバンドで通用するエフェクターの組み合わせがあるように感じます。そこで今回は、ぼくの経験から、実際に試したエフェクターの組み合わせをご紹介します!
未分類

エレキギターの練習場所はどこがいい?【目的によって変えよう】

いざエレキギターの練習をしようと思っても、練習場所に困ることはありませんか?エレキギターをはじめたばかりでは、ほとんどの場合、家で練習すると思います。でも、家で練習すると大音量が出せないといったこともあったりします。そういった場合は、リハーサルスタジオを借りて練習するといった工夫をすることも必要ですね。今回は、ぼくの経験からエレキギターの練習場所のメリットとデメリットをまとめてみました。
未分類

リハスタにエフェクターを必要最低限持っていくならどれ?

エフェクターには、たくさんのモデルがあるので、選んでいたらキリがないですよね。また、エフェクターボードにエフェクターを組み込めば組み込むほど、重くなってしまいます。ぼくは、大きなエフェクターボードに憧れて、エフェクターを7〜8個くらい組み込んだことがありますが、これが重くて大変でした。エフェクターは、運ぶことだけでなく、ノイズ面や音質を考えると少ないほうがいいです。そこで、今回は、ぼくの経験から最低限持っていきたいエフェクターをまとめてみました。
未分類

演奏中にエレキギターの弦が切れたときの対処法

演奏中にエレキギターの弦が切れたパニックですよね。ぼくも、何度かバンドの演奏中に弦が切れたことがあります。そういったときは、どうしようもないことが多いですが、自身の経験から対処法をまとめてみました。
練習曲

エレキギターで弾いておきたい洋楽の練習曲12選!

エレキギターで洋楽の曲を弾いて練習したいと思いませんか?ぼくも、洋楽が好きなので、よく練習で弾いていました。洋楽の曲は、キャッチーなフレーズやパワフルな曲が多い印象ですね。特に、1980年代くらいのハードロックは、パワーコードで弾く曲が多いので、エレキギター初心者の人には、いい練習曲になると思います。今回は、ぼくが弾いたことがある洋楽の練習曲をご紹介いたします!
未分類

エレキギター初心者が早く上達する練習方法とは?

エレキギターをはじめると早く上手くなりたいと思いますよね。しかし、結論から言うと、エレキギターが上達するには時間がかかります。毎日練習していくことで、数年単位で少しずつ上達していくイメージです。今回は、ぼくの経験から、エレキギターが上手くなるにあたって、効果的な練習方法をご紹介いたします。
未分類

エレキギターの弦交換時期や頻度はどのくらいがベスト?【1〜3ヶ月が目安】

エレキギターの弦を交換するタイミングって、意外とわからないものですよね。結構、人によって交換するタイミングはバラバラだったりもします。極端な例ですが、ある人は毎日だったり、ある人は半年だったりと交換時期が違ったりします。ぼくも、弦交換をどのくらいのペースですればいいか困ったときがあります。そこで、今回はぼくの経験ももとに、弦交換の時期や頻度をまとめてみました。
エフェクターボード

ライブでエフェクターボードはどこに置いたらいいの?

ライブやバンド練習で、エフェクターボードを置く位置について迷ったことはありませんか?エフェクターボードをセットしたときに、踏みにくいと演奏に影響が出てしまいます。ぼくも、何度かライブをしていて、エフェクターボードの位置が定まらなくて、演奏を失敗したことがあります。そこで、今回は、ぼくの経験からエフェクターボードを置く位置についてまとめてみました。
未分類

【初心者向け】エレキギターの1日の練習時間は30分でOK!

エレキギターを早く弾けるようになりたいですよね。先に結論としては、ぼくの経験からではありますが、エレキギターの1日の練習時間は30分でいいと思います。エレキギターに限らず、何かを続けることってかなり難しいことです。もちろん、エレキギターの練習を8時間でれきば、上達スピードは上がるので、確実に上手くなるでしょう。でも、プロのギタリストや余程時間を持て余してない限りは、8時間という時間は取れないのが現実でしょう。仕事や勉強や、遊び、家事など生活にやらないといけないことはたくさんあります。そういった生活に必要な時間を差し置いて、エレキギターの練習にとれる時間は30分が限界ですね。